teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. トップチーム(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


トップリーグ第1節

 投稿者:尾藤  投稿日:2013年 1月27日(日)22時45分12秒
  本日トップリーグ第1節 結果  SUMA 0-0 デルフィネス

 どちらのチームもリーグ初戦で、負けられないゲーム。前半は、ときどき攻められるものの、ゴールは割らせず、逆にSUMAのシュートがポストに阻まれる場面がありました。後半は、SUMAのペース。フリーキックも相手キーパーのナイスセービングで防がれました。

 引き分けでは、勝ち点1。勝ち点3が取れるゲームでした。決めるべきところは、決めなければなりません。第2節は、2月10日。野の池中学校です。相手は、本庄中学校です。

 遠方にもかかわらず、応援きていただきました保護者の方々、ありがとうございました。
 
 

U-13大会

 投稿者:尾藤  投稿日:2013年 1月 6日(日)20時39分48秒
  PK戦でしたが、初戦負け。厳しい敗戦となりました。

多くの保護者の方々に応援にきていただいたのに、申し訳ありません。

「負けに不思議の負けなし」という格言があります。

試合に負けるのにはちゃんとした理由があるという意味です。
その理由を追及し、二度と再び同じミスを繰り返さないためにどうするのかを考える習慣、それができる環境を整えない限り、SUMAFCのレベルアップはないと思います。

「敗北から学べ」という言葉もあります。「次に頑張ればいい」と気持ちを「切り替え」て、それで終わりというのが、日本人には多いようです。

試合に出ていなかった選手は、今日の試合を見てどう感じたでしょうか。今回の試合を通して、今までのサッカーへの取り組みを考える時期ではないかと思います。

選手は、中学生ですから、学校生活も大切です。サッカーの試合にしろトレーニングにしろ、ボールを追いかけるのは1日2時間程度です。1週間のうち、土曜、日曜に試合があるなら、その日のために残りの日を悔いのないように過ごすことは、大切にしたいことです。そういうサッカーのための準備、節制や自己規律という地味な努力を続ける力も、大事な才能の一つだと思います。


1月下旬からトップリーグが始まります。トレーニングを積んで、技術・戦術を高めて行きましょう。
今後とも応援よろしくお願いします。
 

御礼

 投稿者:新開  投稿日:2013年 1月 5日(土)08時12分43秒
  昨日は恒例のSUMAの初蹴り

沢山のOBが来ていただき楽しい時間を過ごさせていただきました。
有り難う御座いました。

今回は2期生の初代コーチの方や、3期生の方々を始め高校1年生、2年生の若い世代まで集まりました。
嬉しかったです。

3期生の方々は久しぶりなので名前を確認するまで名前が分かりませんでした
(体型も雰囲気も変わりすぎ…  笑)

さぁ~現役はスイッチ切り替えてU-13大会・トップリーグに向かって頑張りましょう

○3期生のジャージ メチャクチャ懐かしい
 

ご挨拶

 投稿者:新開  投稿日:2013年 1月 1日(火)17時50分52秒
  明けましておめでとうございます。
旧年中はなにかとお心遣いをいただき、ありがとうございました。

さて、私事ですが長年やってきましたSUMA FCを教え子に引き継ぎ私は大学の方でサッカー指導する事に成りました。
今SUMAを振り返ればSUMAでサッカーしてくれた選手が居てくれたので、私も成長出来たし、いろんな人(指導者)と知り合うことが出来ました。
今までのSUMAのOBには感謝の言葉しか見つかりません
それと選手を支えてくれた保護者の方々にも感謝の言葉しか見つかりません。

今も5期生の親から始まり18期生の親までとお付き合いさせて戴いてます。
なので夏や忘年会・新年会は身体がもちません(笑)

SUMAがこれから何十年・何百年と続いて行くには何処かで変わる必要もありました。

SUMAの良いところは継続し、悪いところは削除しより一層良いSUMAを創っていって欲しいです


私は、JrユースではNext Stageで活躍出来る選手育成してきたつもりです。

今回は私がNext Stageで頑張ります。
(第二章の始まりです)

本年もこれまで同様、変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。
 

お疲れ様でした

 投稿者:新開  投稿日:2012年12月30日(日)10時28分51秒
  今年も昨日蹴り納めになりました(トレーニングマッチですが)
お疲れ様でした。

皆さんは今年どんな年でしたでしょうか?

来年も(こそは)いい年になりますように…
 

名言集

 投稿者:新開  投稿日:2012年12月 6日(木)23時47分20秒
  名言集から
 

初蹴りのご案内

 投稿者:スタッフ  投稿日:2012年12月 2日(日)00時08分17秒
  早いもので、12月を迎えました。
SUMAFCのOBの方々、各分野でご活躍のことと思います。

恒例の初蹴りの日時が決まりましたのでお知らせします。


日時  2013年1月4日(金)
    OBの方 集合       12:00
         Kick Off 13:00

場所  総合運動公園球技場



1月4日は、社会人の方にとっては、初出になりますが、ぜひご都合をつけていただき、集まってください。

高校生、大学生の方も、今の在籍の選手たちの刺激になりますので、冬休みですが、顔を見せにきてください。

みんなでサッカーを楽しみましょう。

よろしくお願いします。
 

ルーキーリーグ最終節

 投稿者:尾藤  投稿日:2012年11月18日(日)23時40分6秒
  11月18日総合運動公園でルーキーリーグ最終節が行われました。
対戦チームは、FALCOです。
結果は、前半、後半とも1点ずつを取り合い、2-2の引き分け。勝ち点1です。
ホームゲームでしたので、ぜひ勝利をおさめたかったです。

アップに入る前に、選手だけでミーティングをさせました。
コーチは、全員攻撃、全員守備、パスのコースを2つ持つことを意識させました。

先に点をとるものの、相手も粘り強く追いつきます。後半2-1になったので、このままいくかとと思いましたが、運動量が落ちてしまいました。

パスも相手のコートでは、なかなかつながりません。相手は、運動量が落ちず、一人は必ず抜いてくる選手もいました。

最後のミーティングで、尋ねました。「試合前のミーティングで話し合ったことはできた?」

「微妙・・・」最近の流行語ですね。

しかし、2人の選手が「集中力は保てた。パスができなかった。」と言いました。

次回のトレーニングは、パスの質が高まるトレーニングをしていきます。

たくさんの応援ありがとうございました。
 

ルーキーリーグ最終節前日

 投稿者:尾藤  投稿日:2012年11月17日(土)23時50分30秒
  今日は、ルーキーリーグ最終戦の前日でした。トレーニングをしたかったのですが、あいにくのコンディションで中止になりました。雨が降ってもサッカーをするのが当然なのですが・・・。
グランドの状態もよくなかったので、仕方ありませんでした。選手にとっては金曜日のトレーニングのいい休養になったかも知れません。

金曜日は、トレーニングの後のミーティングで「初心に帰る」大切さを話しました。

入部時に選手に監督が話したことです。



最終戦今までのトレーニングの成果を出して、全員攻撃、全員守備で臨みます。

明日は、トレーニング前に、ミーティングをします。意識を高めてゲームに入れるように準備
します。

9:30キックオフです。応援よろしくお願いします。
 

「アメリカインディアンの教え」より

 投稿者:尾藤  投稿日:2012年11月12日(月)00時51分37秒
  平成2年初版発行の本ですが、大切なことが書かれています。中学1,2年生は、反抗期に入ります。第2次性徴の時期でもあり、多感な年頃です。
著書の中で、筆者は人間関係の中で、親子関係は特に大切だと記しています。
親子関係が、すべての人間関係のスタートになるからです。

1 批判ばかり受けて育った子は、非難ばかりします。

2 ひやかしを受けて育った子は、はにかみ屋になります。

3 心が寛大な人の中で育った子は、我慢強くなります。

4 敵意にみちた中で育った子は、誰とでも戦います。

5 ねたみを受けて育った子は、いつも悪いことをしているような気持ちになります。

6 ほめられる中で育ったこは、いつも感謝することを知ります。

7 思いやりのある中で育った子は、信仰心を持ちます。

8 仲間の愛の中で育った子は、世界に愛を見つけます。

9 はげましを受けて育った子は、自信を持ちます。

10 公明正大の中で育った子は、正義心を持ちます。

11 人に認めてもらえる中で育った子は、自分を大事にします。


教育学者ニイルは、最低の父親は子供に感謝を要求する父親であり、最低の母親は「ママのこと好き?」と聞く母親であるとしています。


1から11のこの言葉は、この教えを子どもを操作するために使わないでください。こうすればこうなるから今こうしれば良いのだと子供を自分の都合のいいように動かすために、この教えを使うと失敗するにちがいありません。

子育てにとって何より大切なのは親の情緒的成熟です。親自身に依存性が強く残っていては、おんなに子育てを熱心にしても、子供の心は歪んでいくだけなのです。

子育ての参考までに「アメリカインディアンの教え」加藤諦三より引用

 

レンタル掲示板
/49